スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

Little Miss Sunshine



2006年のアメリカ映画
前から気にはなってたけど見ずにおった映画
やっと見ました

お話は7歳のぽっちゃりオリーブを美少女コンテストに
出場させるためにバラバラやった家族が一丸となるハートフルなもの
とてもいいお話
映画の色合いも可愛らしい



 

at 09:24, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

明りを灯す人




キルギス共和国。
天山山脈の麓、聖なるイシク・クル湖のほとりの小さな村。
アンテナの調節や電気の修理から、時には貧しい家が無料で電気を使えるような
細工まで行い、誰からも愛される“明り屋さん”と呼ばれる男がいた。

自然の中で貧しい人たちにも電気を届けたいという思い
が素朴に描かれていると思う
それだけじゃなくて背景には大人の事情的ないことがあったり
民族的なことが含まれてる
深みがあってもう一回みたらより理解出来るかも・・・


日本はキルギスから原発の燃料ウランを輸入してるらしい
そんなキルギスの風力発電の映画
なんとも複雑なもの・・・



at 12:40, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

海洋天堂



「海洋天堂」


中国の映画
脚本・監督は「北京バイオリン」のシュエ・シャオルー
北京バイオリンもよかったけど、これもよかった

お話は自閉症の子とその父親の話
余命少ない父親が子供の幸せのために出来る限りをつくす
何もひねったところのないストレートな愛あふれる物語

涙しました・・・
映像の色や撮り方もきれいでした
音楽は久石譲やった

at 14:01, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

夜のとばりの物語

 


「夜のとばりの物語」
ミッシェル・オスロ監督の作品

影絵を使ったキレイで可愛い作品
世界のいろんなおとぎ話のような物語6つが入ってます


ミッシェル・オスロ作品は他にも
「プリンス&プリンセス」や「キリクと魔女」
っていうのがあってどっちもステキな作品で好き


明日からこの「夜のとばりの物語」の続編
「夜のとばりの物語ー醒めない夢ー」が公開されるらしい
予告みると全部日本語になってるけどフランス語のままの上映かな?
だんぜんフランス語のままのほうがいいと思う
見に行こうかな・・・☆

at 10:45, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Sweet November

 

一流広告代理店に勤めるネルソンはエリート社員。
一応恋人はいるが、仕事での成功が彼にはなによりも大切なこと。
ある日ネルソンは不思議な女性サラと出会う。
「あなたを私の11月だけの恋人にしてあげる」
彼女の恋の条件は1ヶ月だけ、彼女の家で暮らし、時計と携帯電話は捨て
仕事をせずに一緒に過ごすというもの。
愛の魔法はゆっくりと効き始め、そして悲しみの香りを漂わせながら
甘い日々を紡いでいくのだった。


2001年のアメリカの映画
キアヌリーブスとシャーリーズセロンのラブストーリー
見やすい映画でした
ラブストーリーではあるけど、んーってなる作品
なんかいい話をは言いがたいな・・・




at 09:56, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

A SLIGHTLY PREGNANT MAN




1973年のフランス映画

A SLIGHTLY PREGNANT MAN



少し古い映画をツタヤで発見
フランス・パリでのお話
中年男性マルコが妊娠してしまうラブコメディ

めっちゃコメディやけどフランスのオシャレ感がよかった




at 10:28, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

中国映画

中国映画に惹かれるこの頃
いいなと思った作品たち

「北京バイオリン」
2002年/チェン・カイコー監督



「サンザシの樹の下で」
2010年/チャン・イーモウ監督



「再会の食卓」
2010年/ワン・チュアンアン監督


ほかにもいいのがあるかも
探してみよう
(o´v`o)

at 12:37, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

おいしいマン

 

おいしいマン


韓国映画
池脇千鶴がスキやから借りてみた
映像はキレイやし、池脇千鶴もかわいい
でもストーリーはよく分からん
かんたんに言えばおもしろくない・・・

舞台は北海道の紋別
映画の中をみる限り、雪と流氷しかない
でもキレイなところ
夏はどんなとこなんやろう?


紋別の人に聞こうにしても
連絡とれへんしね
どうしてるんかな?

at 13:43, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

クレイマー、クレイマー


クレイマー、クレイマー

1979年の映画なんやね
私は昨日初めてみた

今までは「ミューズの晩餐」で
ダスティンホフマンの怒りの表現の仕方をみたくらい

いい映画やった
親の愛はすばらしい
どう言うていいか分からんけど・・・
よかった
(o´v`o)

DVD欲しいなぁ
買おうかなぁ




at 00:45, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark

北京ヴァイオリン


制作年:2003年
制作国:中国
サン・セバスチャン国際映画祭で、最優秀監督賞と最優秀主演男優賞をダブル受賞

中国北部の田舎町。
13歳のチュンは父と2人暮らし。
チュンは、彼が幼い頃に亡くした母の形見であるヴァイオリンを上手に弾き、
周囲で評判になっていた。
父リウはそんな息子に質の高いヴァイオリンの教育を受けさせ
一流のヴァイオリニストにしてあげようと、必死に働き金を貯めていた。
ある日2人はコンクール出場のため北京へとやってくる。
素朴な優しさと無償の愛を注ぐ父と、
夢に向かってひたむきに頑張る息子の姿を描く。


いい作品でした
映像と音楽がなんとも中国の良さを引き出してると思う
なんていうかな?なんていうか分からんけどいい
それ以外にも、なんといっても父の無償の愛
これがすごい、北の国からの父さんと同じ感じ
心温まるというか、なんか少し胸を締め付けるところもある

at 01:20, マリ, movie

comments(0), trackbacks(0), pookmark